99年度釣行日誌
【バックナンバー】
98年度釣行日誌

釣行日 月齢 場所 釣果 エサ
99/12/30(木) 22.7 愛媛県 メバル1匹他 石ゴカイ他
99/12/27(月) 19.6 山口県由宇町 メバル6匹他 石ゴカイ他
99/12/18〜19 9.6 三重県奈屋浦 コウイカ2杯他 エギ他
99/12/05(日) 27.0 和歌山県 アオリイカ2杯 活きアジ
99/11/20(土) 11.2 武豊北埠頭 子イカ9杯 モエビ
99/11/14(日) 5.2 半田中央埠頭 子イカ5杯 モエビ
99/11/13(土) 4.3 半田中央埠頭 子イカ13杯 モエビ
99/11/06(土) 27.7 武豊港 メバル1匹 石ゴカイ
99/10/30(土) 20.6 敦賀新港 アオハタ2匹 岩虫
99/10/15(金) 5.0 武豊北埠頭 メバル1匹 石ゴカイ
99/10/14(木) 4.1 武豊北埠頭 メバル2匹 石ゴカイ
99/10/08(金) 28.2 武豊北埠頭 メバル2匹 石ゴカイ
99/10/04(月) 24.2 武豊北埠頭 メバル3匹 石ゴカイ
99/10/02(土) 22.1 武豊北埠頭 メバル1匹(20cm over) モエビ
99/10/01(金) 21.0 武豊北埠頭 メバル2匹 石ゴカイ
99/09/25〜26 14.4 伊良湖港 カワハギ,チャリコ 青虫他
99/09/19(日) 8.5 武豊北埠頭 セイゴ 多数 ミノムシ
99/09/11(土) 1.2 武豊北埠頭 キビレ1匹,イサキ1匹 モエビ
99/09/05(日) 24.6 武豊港 チンタ3匹 モエビ
99/09/04(土) 23.5 武豊北埠頭 チンタ6匹 モエビ
99/08/22(日) 10.1 武豊港 キス3匹,チャリコ2匹他 石ゴカイ
99/08/21(土) 9.2 武豊港&北埠頭 キス1匹,ハゼ6匹他 青虫
99/08/15(日) 3.7 武豊港 キス1匹,チャリコ3匹他 石ゴカイ
99/08/12〜13 0.7 敦賀鞠山 マダイ2匹 ミノムシ
99/07/31(土) 17.3 阿久比川河口 ハゼ14匹 石ゴカイ
99/07/25(日) 11.7 阿久比川河口 ハゼ25匹 ゴカイ
99/07/24(土) 10.8 武豊港 ガシ2匹他 青虫
99/07/23(金) 9.9 武豊港 ガシ3匹 ミノムシ
99/07/17(土) 4.2 武豊港 ガシ3匹他 ミノムシ,カニ
99/07/10(土) 26.2 武豊港 ガシ4匹 ミノムシ
99/07/03(土) 18.7 武豊港 メバル1匹他 石ゴカイ
99/06/26(土) 12.3 武豊港 アイナメ2匹他 ミノムシ
99/06/22(火) 8.7 武豊港 メバル3匹他 石ゴカイ
99/05/30(日) 14.6 阿久比川河口 ハゼ16匹 石ゴカイ
99/05/21(金) 6.3 武豊北埠頭 メバル1匹他 石ゴカイ
99/05/15(土) 29.2 武豊北埠頭 メバル1匹他 石ゴカイ
99/05/08(土) 21.6 武豊港 メバル12匹   石ゴカイ
99/05/01(土) 15.2 武豊港 メバル18匹 石ゴカイ
99/04/30(金) 14.3 武豊北埠頭 メバル2匹,ガシ1匹 石ゴカイ



●99/12/30(木) 2:00〜11:00 月齢:22.7 愛媛県

四国のじゅんさんとのミニオフ会です。伊予市の釣具店に午前零時に待ち合わせ。四国に行くなら「しまなみ海道」を行ってみようと大回りを決意。暗いときに通っても景観を楽しめない。従って,昼間に通過するよう家内の実家を11時過ぎに出発。さすがにお金を払う価値はある^^;;。きれいだがゆっくり楽しめない。当たり前か,運転しているから・・・。

四国に入ってからは,当然温泉に浸かりたいという気持ちで一杯だ。道後温泉も考えたが、混んでるかも知れないということで,鈍川温泉の公共施設に直行。ここはなかなか良かった。安いし、それなりの設備も有る。疲れを癒し、いざ松山周辺へ。とはいっても17時には松山に到着する。帰りのフェリー乗り場を確認し,集合場所の釣具店の近くの港でエギングを開始する。

釣り人に釣果を確認するが,今日はダメとのこと。一昨日はコウイカを2杯釣ったとのこと。期待を膨らまし,エギを投げるが・・・・

釣れるのはイイダコ4杯とヒイカ1杯。なんで大きなエギにこんなに小さな獲物が抱きつくのかが不思議でした。とりあえずボウズは無いので良しとしよう。

集合場所に30分前に到着する。しばらく車中で過ごす。零時頃じゅんさんが到着する。何となく見た顔だ・・・当たり前か(^^)。てっきりじゅんさんだけかと思いきや、コハラさんも顔出ししてくれた。背の高い紅顔の男性だ。しばし、釣具屋の中で談笑しながらエサを物色する。じゅんさんからはステッカーをいただきありがとうございました。

釣具屋を出発し,霧の中にも関わらず高速^^;で車を進める3台の車。誰が先導してるのか・・・,途中コンビニで食料を買いしばらくしてコハラさんはお別れ。あとで知ったがチヌを3匹釣ったらしい。すごい人だ!

じゅんさんが設定してくれた釣り場に向かうが,段々と田舎になり、熊でも出そうな場所に入っていく。道も狭くなってくるし,どこへ向かうのかと少々不安になる私^^;。途中の港で私だけ最初の竿を出す。釣れたのはチビメバル。他にもメバルがいそうだがポイントがつかめない。しばらく遊んで,本命の場所へ向かう。ここは狸やイノシシも出るかも知れないとおどかされ,日が明けるのを待つ。1時間弱仮眠したあとに,釣り開始。私はアオリの夢をもう一度ということで,エギを投げ続けるがさっぱり。しばらくしてからエサ釣りに変更。

すると,第一投目から当たり!すごい魚影だ。が,チャリコ(;_;)。二投目も当たり。今度はメバルの17cmだ。当然キープ。その後、合わせ切れとかあり悔しい思いをしたが,メジナの25cm級をゲット。これは良くひいた(^^)。その後はベラのオンパレード・・・・。さすがにめげて11時頃に納竿。あとはじゅんさんの腕前を拝見。じゅんさんもメジナ狙いで20cm級超をクーラー満タンにしている。さすがだ!観ていても次々と魚を仕留めていく。が,小さいなぁ〜。

今回は夜スタートだったのでメバルのポイントがわからなかったが,あの場所は夜釣りでは間違いなく25cmオーバーが数出る場所だと直感しました。いつかリベンジを・・・・でも四国って遠いのね〜(^^)

TOP

●99/12/27(月) 15:00〜24:00 月齢:19.6 山口県由宇町


帰省翌日に,会社の同僚と家内の実家周辺の夜釣りを楽しみました。元々は離島に渡る予定でしたが,途中で帰りたくなったときに帰れないので,陸続きの場所に変更しました。結構軟弱ですね〜(^^;;。

釣りは初心者と言う同僚も,結構釣ります。いきなり15cmオーバーのメバルをゲット!私はまだ仕掛けを投入していないのに・・・まぁ、指導者が良いということにしておこう。昼間のうちはなかなか釣れませんでしたが,夕方からはしばらくの間入れ食い状態。私は例の6mののべ竿なので,20cmオーバーが来ると,必ずタモ入れが必要です。タモの出動が多かったこと〜(^^)。愛知県に比べて魚影が濃い!

同僚がメバル数匹(15cm〜18cm)ガシラ数匹(18〜24cm),私は投げ竿も使っていたので,カレイ(20cm)1匹,アナゴ3匹,ガシラ5匹(18〜25cm:左下が25cmです)メバル6匹(14cm〜18cm)でした。さすがに21時を過ぎると当たりも遠のき,何とか頑張るが24時で納竿。久しぶりの大漁でした(^^)。

途中にイカを狙うも不発!先回の当たりエギ(オレンジ)を根掛かりで紛失,ショック!

TOP

●99/12/18〜19 12:00〜12:00 月齢:9.6 三重県奈屋浦


今回は閑人さんが主催してくれた「根魚オフ」に参加してきました。もちろん狙いはメバル・キジハタ・アイナメなどの根魚である。結構遠いし,釣り場が荒れていないので期待が持てる。アオリイカも狙えるように,前回の和歌山オフでは使わなかったエギも準備した。風邪で体調不十分だが頑張って行ってきました。最近はオフ会で遠出をすることが多く,ついにカーナビを購入しました。今回の集合場所をセットして,ナビの指示通りに行く。最近のナビは賢くなった。到着予定時間が表示されるので,SAでの休憩時間も計算できる(^^)

集合場所の玉城IC出口に到着。てるるるさんの車としじみさんの車が見える。アストロ号は見えない。道に迷ったのか(^^)。その後ASTROさんも無事に到着し、コンビニ・エサ屋さんに寄る。とりあえず岩虫1杯と青虫2杯を購入。活きアジも売っていてグラッと来たがブクブクを持っていなかったので断念!

風が強いと言うことで,先発隊の閑人さん,摩季さんは贄浦(にえうら)漁港で釣りをしているそうだ。釣果はメジナ数匹とメバル1匹らしい。とりあえず食材はゲット出来ている(^^)。みんなの意見で当初予定の奈屋浦漁港にしようということで移動する。車で5分位だが,風が舞っており,風向きもころころ変わる。メバル狙いとしてはちょっと辛い風だ。

最初はキジハタ狙いで太めの青虫をぶっこむが,根掛かりが多い(;__;)。仕掛け2setを失った所で6mののべ竿でメバルを狙ってみる。途中にチヌァーさんが暖かいコーヒーを持って陣中見舞い!おいしいコーヒーありがとうございました。何とか16cmのメバルをゲットするがあとが続かない。和尚さんが今日買ってきたばかりという,バスロッドとベイトリールを準備開始。釣り場で道糸を巻く人も珍しい〜(^^)。私もちょこっとオレンジのエギでやってみようかな〜。これが正解でした(^^)。

開始して10分後に急に重さを感じる。根掛かりではなく糸が巻けている。ゴミかイカが乗ったようだ。前回の経験をもとに慎重に寄せる。途中逆噴射があり,イカと断定。摩季さんに「タモお願い!」あとはばらさないように慎重に寄せる。が,アオリより逆噴射回数が多い気がする。それでもばれずに寄ってきて,無事にタモに入った(^^)。アオリか?ちょっと違う。みんなの意見でコウイカと断定。推定500gか?

それを見ていた和尚さんに気合いが入るのがわかる。引き続き同じ場所にエギを投入し続ける。んっ!また重くなった。先ほどより逆噴射の強さはないがイカみたいだ。2回目の逆噴射を感じたときにまたもや摩季さんにタモ入れをお願いした。2杯目となると少し余裕が出てきて,無事にランディング。今日は満足だ!風邪もどこかへ吹っ飛んだ(^^)。これでイカ釣りは終了。

再度メバル狙いに変更した。周囲も段々と暗くなり,青虫の細目にかえて投入すると,コツ!と前当たり。メバルか?はやる心を抑えて本当たりを待つ。穂先が海面に突き刺さらんばかりになったときに合わせると久しぶりの大物のメバルの引きだ!何とか海面まで引き上げるがちょっと重く抜き上げるのは難しそうだ。隣の摩季さんがタモを持って駆けつけてくれ無事にタモ入れ完了。自己記録更新かと思われたが21cmで更新ならず,残念。

その後は当たりも無くなり予定時刻前に納竿。満足のいく釣りでした。その後はお決まりのディナータイムだ!

しじみさんの包丁さばきは参考になります。サヨリのさばき方も勉強したしイカのさばき方も勉強してしまった(^^)。お疲れさまでした。閑人さんのウィンナー4種類美味しかった。でも2種類しか食べれなかった・・・残念!今度作ってみよう〜と!鍋は閑人さんと摩季さんが味付け?最後は私が味付けしたのかな。ダシが豊富だと細かい味付けは不要ですね〜(^^)。お玉が無かったので食べるときが大変でした(^^;。摩季さんが釣ったサヨリの塩焼きは本当に美味しかった。来年は真剣にサヨリを狙ってみよう。

深夜1時過ぎにお開き!翌日も早朝から釣り開始。残念ながら本命は誰もゲット出来ず。相変わらず摩季さんはサヨリをゲット。閑人さんはタカノハダイ,和尚さんはベラ系の魚,てるるるさんはフグとゴンズイ^^;,ASTROさんとしじみさんは何を釣ったのかな?私は完全なボウズでした。最後にそば屋で昼食会。あのお姉さんは私の好みだったな〜(^^)。お姉さんに撮ってもらった写真が下の画像です。うどんはまずかった(--;。冷めた天ぷらを使ったのだと思う。熱くないんだよね〜汁が〜。そばは美味しかったのかな?



左から,閑人さん、摩季さん、私、和尚さん、しじみさん、ASTROさん、てるるるさんです。初対面の方の印象は,

摩季さん:実は同じ会社の後輩です。いい青年でした(^^)
チヌァーさん:顔アイコンでは怖そうだったけど優しいお父様でした(^^)。

TOP

●99/12/05(日)6:00〜17:00 月齢:27.0 和歌山県


今回は大阪のJunshoさんが主催してくれた「和歌山アオリオフ」に参加してきました。アオリイカは釣ったことはないし,ましてヤエン釣りなんて未知の世界だ。それでもアオリの刺身を食べたいとの一念で頑張ってきました。左の写真は1.2kg(胴長30cmオーバー)を釣り上げた時の写真です。ヤエン釣り第一回目でキロオーバーを獲得できたのは非常に嬉しい(^^)。これもひとえに同じイカダに乗ったメンバーの適切なアドバイスとタモ入れのおかげですm(..)m。右の写真は全釣果(2杯)です。

前日の22:00に出発し,ASTROさんとの待ち合わせ場所に向かう。合流し,いざ和歌山へ。近畿自動車に入る手前で間違いそうになったが,集合場所へ到着。siuさんが先に到着しているようだ。siuさんの車の後ろに駐車してsiuさんを探す。いました(^^)。

その後kurosioさん到着。しばらくして関東から服部さん,kokusokuさん,足立さん,とっちゃまが到着。最後に大阪組のJunshoさん,tensyuさん,アルファーさん,gochan,いまさんが到着し全員集合。Junshoさんの事前説明を真剣に聞くみんな(^^)。その後,釣具屋およびコンビニに立ち寄り,目指すは「阪村イカダ」

出船は夜明け(6:00)1号イカダにJunshoさん、服部さん,kokusokuさん,足立さん,いまさん,アルファーさん,siuさん,そして私の8名が乗った。五目もやるというメンバーは,とっちゃま,ASTROさん,tensyuさん、kurosioさん、gochanの5名。さ〜て,イカ釣り合戦だ(^^)。

とにかく仕掛けを作り活きアジを放り込み当たりを待つが,何故かイカダの方に舞い戻ってくる。何でだろう?隣のいまさんに聞いたら,「着水後しばらくしたらアジを引っ張りなさい。そうすれば沖に向かうから」と暖かきアドバイス(^^)。その後は順調に釣りが出来た。

何となくビンビンという当たり。アオリか?Junshoさんにアオリの当たりかどうかを尋ねる。しかし「アジです」とのお言葉^^;。そうするうちにドラグがなり糸が出ていく。いまさんに聞くと「3分待って」おもむろに吸いたくもなかったタバコをふかす。いつもより早い気がする。ヤエンを投入し,慎重に引き寄せる。逆噴射にも耐え何とかタモ入れしてもらった初アオリ!500g程度か?うれしいな〜(^^)。

その後,何回か当たりはあるもののタモ入れ直前でバラシなどがあり,運命の時を迎えた。ドラグがじぃ〜と鳴り,糸がたくさん出ていきなかなか止まらない。止まったところでおもむろにタバコをふかす^^;。ヤエンを投入し,引きにかかるが重い。根掛かりではなく,少しずつ寄ってくる。しかし逆噴射はない。すごく不安になる。ドラグが緩すぎて糸が巻けていないことが判明^^;;。ドラグを締めたあともゆっくり寄ってくるだけで反応がない。一瞬ゴミ?頭の中をよぎる。まわりにはみんな来ているのでそうだったら恥ずかしいよ〜。

海面に浮きかけたときに初めて強烈な逆噴射が来た。Junshoさん,服部さんが適切なアドバイスをくれる。魚釣りとは勝手が違う。難しい釣りだ。そうこうするうちに,海面に浮きタモ入れをしてもらいthe endの予定だったが,ヤエンがタモに絡まってるし,アオリはタモの外・・・・しっかりヤエンが掛かっていたので次のタモで救おうとしたがこれも失敗。ようやく3本目のタモ(あとでわかったが自分のタモだった)で無事取り込めた。その瞬間心臓バクバク腰が砕け落ちそうになるわ,夢心地でした。本当に大きかった(^^)。皆さんのおかげです。感謝!

一番いい場所に入れたことが大きかった。じゃんけんに弱い私が偶然にも勝った時からドラマが始まったのか・・・その後はみんなに場所を譲り,のんびり釣りを楽しみました。場所が変わってからは当たりゼロ。場所が全てですね〜この釣りは。

左の写真は1号イカダのメンバー。
前列左から,
アルファーさん:AKIちゃんの話が聞けなくて残念!
kokusokuさん:タモ入れお疲れさまでした。


後列左から,
足立さん:もう少しリラックス!
服部さん:本当にアドバイス有り難うございましたm(..)m。釣りたてのアオリイカ最高でした。
junshoさん:お疲れさま〜。最後に執念を見たよ〜
いまさん:手ほどき有り難うございます。
siuさん:大物は残念だったね〜

右の写真は6号イカダ。
前列左から
ASTROさん:風邪は直った?
tensyuさん:ビール有りがとう。

後列左から
とっちゃま:イカのさばきを見たかったな〜
kurosioさん:数で竿頭で良かったですね。
gochan:負けた〜1.4kgはすごい!

ASTROさんを大垣ICまで送り届けたのが,23:30そして自宅着は0:45でした。完全徹夜だったので非常に疲れましたが本当に楽しかった(^^)。皆さんありがとう。

服部さん,ASTROさんから教えてもらった通りにイカを解体し,翌日に美味しく刺身を頂きました(^^)。本当にアオリイカは旨い!

TOP

●99/11/20(土)17:00〜21:00 月齢:11.2 武豊北埠頭

どうもイカ釣りにはまってしまったようだ(^^)。結構楽しい釣りだ。子イカの割には引きも感じるし,食べても旨い。出来れば3倍のサイズを釣りたいものだ。

今日は半田の混雑を避けて,武豊北埠頭に出かけた,まわりはセイゴ狙いの人ばかりなので最初にイカが釣れるまでは不安でした。が,1杯釣ればこちらのもの(^^)。釣れないわけがないと心を奮い立たせる。頑張りました・・・9杯ゲット!干潮になると全然当たりなし(;_;)。やはりイカ釣りは潮の高いときでなければダメなのかな〜。イカ釣りは海上保安庁だけでは無いよ〜。

TOP

●99/11/14(日)16:00〜19:30 月齢:5.2 半田中央埠頭

昨晩に続きイカ釣りに行ってみました。今日は隣の人が500Wのライトで海面を照らすのでイカが寄ってこない^^;。それでも5杯をゲットして終了。やはりランタン程度の光源を使うときには,周囲に人が居ないときに使用するのがいいと思う。

昨晩釣ったイカは里芋との煮物になっていたが,今日釣ったイカは刺身にしてみた。口の中で溶けるような舌触りと,コリコリ感がミックスしてとても美味しかった。明日お腹が痛くならないことを祈る・・・・(^^)

TOP

●99/11/13(土)20:00〜22:00 月齢:4.3 半田中央埠頭

生まれて初めてイカなるものを釣り上げました(^^)。名前は良く知らないが「ヒイカ」らしい^^;。ただ,上の画像の左下の2杯はスルメイカではないのかな?誰か知らない?

海上保安庁をのぞいたら,人人人(--;。予想はしていたとはいえ,この人数じゃイカも居なくなるよな〜。予定通り中央埠頭で釣り座を構え,キャンプ用のランタン大で明かりを海面へ。仕掛けを準備して第一投。おっ,電気ウキが海中にゆっくり沈んでいく。優しくリールを巻き上げると子イカが乗ってる(^^)。イカは水鉄砲で私を攻撃するし,最後は墨。気を使う釣りだ〜。またそれも楽しい(^^)。

その後も仕掛けを投入するたびに乗ったり,全く当たらなかったりと気まぐれでしたが13杯釣り上げたところで納竿。上出来だ(^^)。

TOP

●99/11/06(土)17:00〜21:30 月齢:27.7 武豊港

中古のデジカメ画像初登場だ(^^)。10KB以内に画像はおさめるつもりです。

昨日も武豊港にメバルを釣りに行ったがキープ出来ず。チビメバルばかりでした。悔しかったので,今日はリターンマッチ。

満潮の頃から釣りを開始。しばらくすると暗闇の世界に突入した。かすかな当たりを合わせると,いきなり横へ走る。のべ竿では耐えきれない引き。何とか竿下位まで引き寄せるが,プッツン!ハリス切れだ。ハリスを見るとざらついている。セイゴの大きいのが掛かったのだろう。1号のハリスでは無理だ。

引き続きメバルとは違う当たり。またもやセイゴの様だ。今度は足下まで寄ってきた。抜き上げようとしたが,抜けない(^^;。仕方ないので道糸をもって抜き上げた。40cm弱といったところ。上あごにしっかり掛かっていたので寄せれたようだ。食べるところがたくさん有りそうなので,血抜き後キープした。

隣の釣り人は先ほどからメバルを上げている様だ。悔しいな〜。テトラ周辺を攻めてみると,コツのあとテトラの方へ向かって走る。何とか抜き上げると16cmだ(^^)。その後3回ほど当たりは有るものの,最後の合わせでスカ(^^;。結局1匹止まり。残念!

TOP

●99/10/30(土)14:00〜21:00 月齢:20.6 敦賀新港<

今回はASTROさん主催の敦賀オフです。当初の目的はアオリイカとキジハタを釣り上げ,刺身を食べることでしたが・・・

【敦賀オフ参加者全員の記念写真】
ASTROさん:本当に幹事お疲れさまでした。

しじみさん:もっと若い方かと思いました^^;
おかずぃさん:背が高い!
やもかすさん:優しそうな青年だ

てるるるさん:防寒着を着ると太って見えるよ(爆)
魔王さん:BOOさんのおみやげ引き取りお疲れ様
閑人さん:お互いダメでしたね〜
以上・・・あれぇ?一人足りない。

KOBAさん:おいしいキジハタの刺身ありがとう(^^)。あなたの一人勝ちです。
敦賀記念写真
前日は琵琶湖の方に宿泊だったので,161号線を北上し敦賀を目指す。予定より大分早く着いたので下見に向かった。まず敦賀港をのぞくが,かんばしい釣果はなさそうだ。引き続き新港に向かうがサヨリの姿は見られるが,アオリは一杯のみ確認できた。地元同士で「今日はなんも釣れんなぁ。めずらしい日だ」などと会話している。これはやばそうな雰囲気・・・

スーパーで今夜の鍋材料を仕入れる。そして若潮屋に向かった。しじみさんとASTROさんと合流し新港に向かう。すでに到着している閑人さんと4人でフェリー乗り場周辺で釣り開始。私はキジハタなるものを釣ったことがないので,それらしき魚を2匹(10,5cm)を釣り上げASTROさんに魚種の確認をするが「アオハタ」らしい。残念。2匹とも海にお帰り願ったあとはさっぱり・・・

その後,続々と参加メンバーが到着する。てるるるさん,KOBAさん,海ボーズチーム(おかずぃさんとやもかすさん)。圧巻だったのがKOBAさん。第一投目からキスのダブル。その後も順調に数を伸ばしている。さすがHGのポイントを熟知している。他のメンバーはポツリポツリか全く釣れず。18時を回った所でASTROさんが他の場所の下見に出かけた。

今夜は釣れないせいか釣り人が少なく,風も収まったとの連絡で全員場所を北向きにかえる。KOBAさんと閑人さんは先端部まで行った模様。私は基部のテトラ帯でメバルを狙うものの,足場が不慣れなせいで探るのが怖い。30分ほどやったがあきらめてみんなの所へ行き竿を出すが,釣れるのは地球のみ(;__;)。そこにKOBAさんからASTROさんへ電話が入る。何とキジハタの26cmをゲットとのこと。一同張り切るがほとんど変化なし・・・エギングしても釣れる感じがしない。結局私は21時過ぎに納竿。みんなも22時まで頑張るがてるるるさんのチゴダラ位がまともな魚?

それからはいつも通りに鍋と刺身の準備。全員でてきぱきと進めていく。そのうちに魔王さんがBOOさんからおみやげのハマチ(イナダ)を11本持って到着。BOOさん本当にありがとうね!

しじみさんの魚さばきは見事でした。私も頑張って刺身加工技術を身につけねば。またASTROさんにはお持ち帰りの魚のはらわたを抜いてもらい有り難うございました。しじみさん持参のヨコワの刺身,BOOさんのハマチの刺身,KOBAさんのキジハタの刺身,シロギスの塩焼き,海鮮鍋,肉鍋,ビール,焼酎などなど御馳走がテーブル狭しと並びました。途中風が強くなってきて寒くなったけど,とても楽しいひとときを過ごせました。色々差し入れしていただいた方々,ありがとうございます。後かたづけが完了したのは午前3時。

私は翌日用事があったので,8時過ぎにオフ会場をあとにしました。心残りはアオリイカを購入出来なかったこと・・・アオリが食べたい〜。今日書いていて気が付いたけど,10/31は結婚記念日だった(^^;;。ころっと忘れてた。

TOP

●99/10/15(金)18:30〜1:00 月齢:5.0 武豊北埠頭

半田の海上保安庁でイカがぼつぼつ上がっているという情報で出かけたが完全にボウズ!21:00過ぎに武豊港に場所代えするがここでも完全ボウズ。22:00頃けたたましいサイレンの消防車と救急車が走っている。火事か・・・

武豊北埠頭へ22:30頃移動し、最後にしよう。何と岸壁周辺に消防車やら救急車が赤いランプを回している。事故か?近くの人に聞くと車が海に落ちたらしい。しかし何とか助かった様だ。みなさん気を付けましょうね。

釣りを再開すると,チビばかり。今日はキープ出来ないのかと弱気になったところで16cmのメバルをゲット。その後はチビとの戦い。少しばかり落ち込んでしまった。

TOP

●99/10/14(木)19:30〜1:00 月齢:4.1 武豊北埠頭

金曜日を有休としたので,また行っちゃった(^^)。今日はほとんど無風状態しかも平日の釣り。当然期待は高まるが・・・・

20:00頃17cmくらいのハゼをゲットするものの,本命の当たりが23:30まで無い。セイゴしか釣れない・・・ようやく本命の当たりが有り,慎重に合わせる。メバル特有の引きを堪能し,抜き上げようとしたら,もう一度底に向かった。予想外の出来事に少々慌ててしまった。何とか根にもぐられずにすみ,抜き上げたサイズは何と22cmだ(^^)。手のひら目一杯のサイズである。ようやく気合いが入る。

30分後にメバルの当たり。先ほどの引きとは全然違う。上がってきたのは16cmのメバルでしたが,小さく見える・・・。その後はチビばかりでダメ!納竿しようとした際にメバルとは違う当たりがあり,抜き上げると19cm位のガシ。明日は煮付けで楽しもう(^^)。それにしても数が出ないのが少々くやしい。

TOP

●99/10/08(金)19:30〜23:00 月齢:28.2 武豊北埠頭

翌日は三男坊の初運動会なので,唐揚用にメバルを狙いにいきました。風は無風に近いが時折強い風が吹く。最近道糸を3号から2号に変えたので,糸ふけは少なくなった。本当は通しの1号がいいのかも知れない。

地元の方が3人ほど先に釣っている。チンタ狙いなのかウキ釣りである。コツのあとの底への引きに当たりを入れると,上がってきたのは17cmのメバル。どうも10cm以下のメバルか良型しか当たりがないようだ。地元の人も何の魚を釣ったのか確認しに来た。続いて,18cmのガシ,15cmのガシをあげるが,メバル竿で取り込むには結構難儀する。他の人が見たら20cm以上の魚が釣れたと勘違いするようだ^^;。当然唐揚用にキープ。

しばらく当たりが遠のいたので,沖目の中層を探る。前当たりなしで穂先がゆっくり下がっていく。少し聞くとメバル特有のゆっくり穂先が下がっていき最後に大きく曲がる。曲がりの加速度がピークになったときに合わせを入れた。これは引いた(^^)。また20cmオーバーかと思ったが,20cm弱である。家に帰ってから計ると19cmジャスト。

それ以降,20cm程度のセイゴが掛かるが全てリリース。今日は4匹キープで終了。家内の意見で,冷めると美味しくないから唐揚げはやめよう^^;。結局運動会終了後に煮付けになりました。美味(^^)。

TOP

●99/10/04(月)20:30〜3:00 月齢:24.2 武豊北埠頭

明日用事があったので会社を有休とした。家に戻ると,無風状態。メバルが釣れるような予感がした。予感はいつものことだが^^;。午前中は寝ていられるのでメバル釣りに出かけてしまった。

餌屋で石ゴカイ2杯を買い,北埠頭のポイントへ。さすがに平日なので釣り人は1名だけ。その人はセイゴ狙いで青虫の餌で何匹か釣っている。海面が鏡の様だ。風は無い。ところが2時間ほどはチビばっかり(;_;)。22:30にキープサイズの当たり。無事に取り込み18cmゲット。幸先の良いサイズだ(^^)。

さらに1時間後,ヘチを探っていると当たりのあと沖に出ていく。セイゴか?ちょっとむなしいが,水面に浮かせるとメバルか?抜き上げると先日の21cmには及ばないが20cmをちょっとだけover(^^)(^^)。昨年は20cmオーバーは1匹も釣れなかったのになぁ。出来過ぎではある。

その後17cmを1匹追加したが,3匹止まり。今日のメバルは慎重だったようだ。「コツ」のあと10秒たっても餌をくわえたままで,その後「ペッ!」。そんなのが5回ほど有った。さあ、週末にもメバルを狙うぞ!

TOP

●99/10/02(土)15:00〜21:00 月齢:22.1 武豊北埠頭

通信仲間から聞いた落とし込みの目印を作って,多分ラストチャンスであろうチヌ釣りに出かけた。風は強い。目印も「走り」とか「止まり」を認識できる出来ではない。もっと勉強せねば・・・

16:00頃,運命の当たりが(^^)。目印が全て見えなくなってから,穂先が海面に持って行かれた。生命反応を確認後,大きく合わせた。すごい引きだ(^^)。しかしメバル竿ではなく前打ち竿なので労せずに水面まで浮かせた。抜き上げると,でっ!でかい。久しぶりの大物メバルだ。武豊周辺にもいるんだ・・・

手のひらを目一杯広げて1cm足りないくらいなので,21cmということにしておこう。メバルシーズン突入か?

ちなみに私のすぐ横で,あとから来た人が,4歳のチヌを上げた。餌は不明だが会話からすると砂ガニか?チヌも釣りたかったな〜。でも今日はいいや(^^)。

TOP

●99/10/01(金)20:00〜2:00 月齢:21.0 武豊北埠頭

先週の伊良湖オフに備えて買ったメバル竿の試し釣りに出かけた。昨年だと10/10頃から型のいいメバルが1ヶ月ほど釣れ続いた。水温が高いという噂も有るが,行ってきた。

釣り場に到着して,まずペンライトを探すが無い!・・・先週使ったあとどこに置いたのだろうか?くまなく車内を探すがない。光がなければ釣りにならない。地元の餌屋さんで2100円のライトを購入。出費が痛い^^;。

昨年の実績の場所へ向かうと,二人ほどウキ釣りをしている。ポイントのど真ん中だ。仕方ないので横で釣りを始める。しばらくすると確かな当たりを感じ合わせると15cmのガシ。まずはキープ。しばらくは5cmにも満たない新子メバルと10cm弱のガシのオンパレード。

ついに「コツ」とメバルの当たりだ。穂先を少しだけ上げて,海面に突き刺さるのを待つ。時間にして3秒ほどなんだろうが久しぶりのメバルの当たりだけに長く感じる。あわせを入れて下へもぐる強い引きを楽しむ。16cmのメバルをゲット!今日は波があるので中層以下で当たった。

その後はチビのオンパレード。途中にハゼも混じる。その後風も収まり,メバルの入れ食いの予感を感じたが,同サイズを1匹追加したのみにとどまった。メバルと思われる当たりを2回合わせ損なった。

TOP

●99/09/25〜26(土〜日)15:00〜11:00 月齢:14.4 伊良湖港

今回はインターネット上の通信仲間達との釣りオフ(OLM)を行いました。いわゆる友達の輪のオフ(^^)。オフ参加者13名以外に,伊良湖港の情報をいただいた渥美サーフキャスティング倶楽部の幹部お二人も宴会へ参加していただき,釣りに食事に談笑と楽しいひとときを過ごしました。

13人も参加したオフ,しかも釣り場所が赤灯台と白灯台に分かれている以上,幹事が全てを把握することは不可能だ!ということで,各人が書いた釣行日誌をリンク形式にすることが幹事の役割なのです(^^)。従って,下記の釣行日誌を参照下さいな。

【渥美サーフキャスティング倶楽部の方お二人と記念写真】

伊良湖オフ全員集合

【釣行日誌リンク(あいうえお順)】
ASTRO&KOBAさん
和尚さん
CASLさん
閑人さん
tensyuさん
とっちゃま
魔王さん
みやちゃん
【オフ開始】
予定では12時に伊良湖港の駐車場で待ち合わせ。私は一足早く駐車場へ到着。群馬県から参加のみやちゃんと静岡県から参加のとっちゃまが同じ車で一足先に到着しているようだ。群馬ナンバーのハイエースの右となりに駐車した。しかし中には誰もいない。リヤステッカーを見ると明らかにみやちゃんの車と判る。

きっと下見だろうと,とっちゃまの携帯に電話を入れると案の定,赤灯台先端付近にいるとのこと。私もあとを追う。途中他の人の釣果を見て回るが芳しくない。おまけに水深がめちゃくちゃ浅い。お二人とご対面〜。何となくわかるんだよね,初対面でも!3人で周囲を観察していると,地元のおじいちゃんがアイゴを釣り上げ,奥さんが手際よく毒ヒレを取り除いていく。いいコンビだ。しばらくしてまた竿を曲げている。アイゴか!水面に浮いてきた魚は3歳のチヌ。とっちゃまみやちゃんの目つきが変わった。するどい釣師の眼光だ。私はいいなぁと思っただけ(^^)。このあたりが釣果の差に表れるんだろう。

3人で駐車場で待っていると続々電話が入ってくる。
魔王さん「着きました。C_RAN_Eさんの隣の隣に駐車しました」久しぶりの声だ!
CASLさん「いま豊橋市内なので少し遅れます」若い声だ!
ASTROさん「tensyuです〜」最初からだまされた!
閑人さん「もうすぐ着きます」だったかな?
誰が最後に到着したのかは忘れたが,各人の自作釣り道具の話題などで会話が弾む。閑人さんの「手作り太鼓リール」みやちゃんの「手作りの中通しウキ」や今回参加されていない方の手作り竿。糸と針が有れば釣り開始できるんだ。自作とはすごい才能を持ち合わせているんだと感心した。

ここで初対面の方々の印象を一言。
とっちゃま「孫が本当にいるの?」
みやちゃん「優しそうだ」
閑人さん「車から降りてきたときは若い〜!」
tensyuさん「イメージ通り:写真見てるからかな?」
CASLさん「ネットとちょっと違うかな?好青年」
魔王さんとASTROさんとKOBAさんは久しぶりのご対面でした。魔王さんとは昼間に会うのは初めてだ。前回は深夜デートだったから(^^)。ASTROさんとKOBAさんとは長年の付き合いのように感じるのは何故?

赤羽根港下見のあと,再び伊良湖港に戻ってきて,神島からチヌ2枚をおみやげに携えた監督さんとBOOさんと合流。でっ,印象は・・・
監督さん「もっとほっそりした方と・・・」
BOOさん「ふふふっ,いいコンビのサイボーグ軍団だ・・・」

三重県から最終のフェリーで駆けつけてくれた,てるるるさんと和尚さん
てるるるさん「サイボーグ軍団の一員だ(^^)体型が・・・失礼m(..)m」
和尚さん「一見おとなしそうだが・・・個性が随所に」

以下,手抜き^^;
---------------------------------
さて,私の釣果は・・・
25日(土)10cmのチャリコ1枚だけ
26日(日)カワハギ18cm?,チャリコ,フグ,ヒイラギ,ウミタナゴの5目達成!
---------------------------------
寂しい釣果では有りましたが,楽しかったoffでした(^^)。
監督さんのチヌ,BOOさんの石垣鯛は抜群の味だった。しじみさんのイカの塩カラとスダチの組み合わせと,ヤマさんのコシヒカリとの組み合わせは絶品だ!また渥美サーフキャスティング倶楽部からはビール他の差し入れを頂き大変お世話になり有り難うございました。

TOP

●99/09/19(日)3:30〜6:30 月齢:8.5 武豊北埠頭

昨晩は9時過ぎに寝たので,2時過ぎに目が覚めてしまった。niftyのチャットで少し遊んでから自宅を出発した。餌屋もあいており,無事にミノムシをゲット。当然25cmオーバーのチヌを釣るハズだったが・・・

中通し竿を改造した4.5mのべ竿は最近のお気に入り。が,しかし・・・根掛かりを外そうと穂先を真っ直ぐにして引っ張ったら,何とハリスが切れずに穂先がもげてしまった(;__;)。1.5号のハリスは強いな〜。

仕方ないので,前打ち竿を車から取り出して再開したが,セイゴの入れ食い状態。何だよ〜。南側で落とし込みの人が6時頃3歳のチヌをあげたようだ。餌は不明。名古屋キャンピングカーショーを見に行くので,6時半で終了。

上州屋が安売りしていたので,フライ用リール(RYOBI MG255)を¥1980でゲット。また,メバル竿(5-6mズーム)を¥9500でゲット。さあ、来週の伊良湖での釣りの楽しみが出来た(^^)。

TOP

●99/09/11(土)5:30〜8:30 月齢:1.2 武豊北埠頭

会社の同僚二人が武豊北埠頭に行くという話を聞き、武豊港から行き先を変更した。釣り場に到着するとすでに二人はスタンバイ状態。私ものべ竿に仕掛けをセットして釣りを開始した。しばらくすると10m先で同僚の一人がチヌを掛けたようだ。格闘すること5分間。突然穂先があがった。痛恨の針はずれらしい。横から見ていた感じでは4歳以上か?餌はフジツボ。

私はモエビで25cm〜30cmクラスのチヌが来たらいいなぁと目印無しの落とし込みを続ける。当たり無しでエビの頭が無くなるときがある。魚はいるようだ・・・7時前に底で当たりが有った。即合わせると,小気味良い引きだ。先週より大きそうな感じだ。水面に浮いてきたときに黄色いヒレが見える。キビレだ(^^)。同僚がタモ入れしようかと聞いてきたが,抜き上げた。20cmは確実にオーバーしている。21cmというところか。

15分後位にまたしても底で当たり。先ほどより引きが強い。もしかして25cmオーバーかと喜ぶが,浮いてきた魚はチヌとは違う。イサキ(シマイサキ?)の様だ。クゥクゥと鳴いている。22cm位のサイズだ。キビレよりも引くのか?2匹とも同僚の家のおみやげとなった。

夕方に雨が降らなければ再チャレンジしようかな。

TOP

●99/09/05(日)6:00〜8:00 月齢:24.6 武豊港

今日こそはチヌを釣るぞ!ということで4:30に起きるはずが寝過ごしてしまった。何とか釣り場に6:00に到着し,釣り開始。

いきなり一投目からあたり。20cmのアイナメ,即リリース。普段なら持ち帰るところだが25cm以上のチヌしか持ち帰らない・・・つもり。5分後に待望の当たり。近くのテトラをかわして抜きあげるが20cm弱のチンタ。おまけに針を飲み込まれてしまい持ち帰ることに。7時までに2枚チンタを追加するが,それ以降は当たりが止まってしまった。

結局25cmのチヌは夢となってしまった。

TOP

●99/09/04(土)10:30〜14:00,16:30〜19:00 月齢:23.5 武豊北埠頭

今朝4:30に起きたのに,雨だった・・・。一眠りしたら雨がやんできたので10:00に自宅を出発。武豊北埠頭でチヌが釣れているという情報を頼りにモエビを買い、のべ竿の落とし込み(目印なし)で挑戦した。

12時を過ぎると,突然当たりが頻繁に来るようになった。ついにチンタ(18cm)をゲットだ(^^)。一応チヌの子供だからうれしい。昨年も今年も1匹も釣れていなかったからなおさら・・・。キープすべきか,リリースすべきか迷った末に,リリース。何となくもっと大きいのが釣れる予感がした。つづけて20cm位のサイズのチンタ・・・これもリリース。またまた18cmくらいのチンタ。

10回以上当たりが有ったのに,針掛かりしたのが3匹だけとは落とし込みは難しい。スカ合わせの時にはエビの頭が全部なくなっていた。13:00以降は当たりが全く無くなった。結局14:00で切り上げた。今から思うと,キープしておけば良かったかな^^;;。夕方からまたチャレンジしてみよう。

(夕方編)
一旦家に帰り,一風呂浴びた。気持ちいい(^^)。次男坊が友達の家から帰ってきたので,チヌ25cm以上を持ち帰るから・・・と気楽に約束した^^;。餌はモエビで朝と一緒。何回か当たりが有るがこれまた針掛かりしない。17:30頃から立て続けに2匹。しばらくしてもう1匹追加。チヌとは呼べぬチンタ^^;(15〜18cm)。結局,これでthe end! チヌが釣りたい〜。今日はチヌを6匹リリースしたと考えることにしようっと。ところで、モエビを食ってくるセイゴって何なんだ・・・やめてよ〜(2匹リリース)

TOP

●99/08/22(日)15:00〜18:45 月齢:10.1 武豊港

釣りに目覚めた次男坊を引き連れて,キス狙いで武豊港へ出かけた。今日はキスを5匹釣ろうと息子と約束した。

昨日とは違い,穏やかな海面だ。天気もいい。キスが釣れるような予感がする。息子の仕掛けをセットして自分の仕掛けを作り出すが,何と〜昨晩使った磯竿の穂先が折れている(;__;)。雷雨だったので慌てて仕舞うときに一回竿をコンクリートにぶつけてしまった時かな。仕方ないので,子供と一緒に釣りをすることにした。

投げるのは私で,リールを巻くのは息子。いきなり,型のいいキスを釣り上げる息子(^^)。17cmというところか。その後はしばらくハゼばかり釣れてくる。突然,息子が「車からルアーロッドを持ってこようか?」私がつまらなそうにしているせいだろうか,良くできた子供だ(^^)。

子供にルアーロッドを持たせ,私が投げ竿。さすがにルアーロッドで子供は遠投できないので,私が投げる。一人前に,少しずつ手前に巻きながら当たりを取っている。その息子が突然リールを巻きだした。釣れた?と聞くと「多分!」上がってきたのは良型キスとチャリコのダブル。何とも得意げな息子の顔(^^;。親の立場が・・・・・

その後,息子とお祭りをしたものの,キスを釣り上げたり,今まで釣ったことのないお化けハゼ(20cm弱:本当にでかかった。普通のハゼが小さく見える^^;)を釣ったり楽しい釣りでした。昨晩のセイゴとともに唐揚げで食べました。今日は量が有りすぎて少し残りましたが,大満足。ちなみに本日の釣果は,キス3匹(16,17,17cm),チャリコ2匹,ハゼ18匹でした。なお、立派な鯛の塩焼き2匹も食卓にのぼりました^^;;。

TOP

●99/08/21(土)7:00〜11:00(朝も夜も) 月齢:9.2 武豊港・武豊北埠頭

最近の天気はちょっとおかしいような気がする。今朝自宅を4:30に出発し,武豊に着く頃には土砂降りの雨。餌を買ってしまったのにどうしてくれるんだ〜。結局Uターンして自宅に戻ってしばらくしたら,地震だ。結構長く揺れたので,心配したが震度4止まりだった。津波情報を聞いた上,雨もあがったので再出発。

7時に到着し,チヌを狙うが,すでに時遅し。餌取りがたくさん活動している。多分ゼンメだろう。ひったくるような当たりで針がかりしない・・・。1時間であきらめて投げ釣りに変更。先週子供が釣ったキスより小さいのを1匹ゲット。何年振りに釣り上げたのだろうか?とりあえずバケツの中で活かしておく。風が強いため当たりが取りにくいが,ハゼを6匹追加して終了。釣った魚は全部元気に泳いでいたので,海にリリースした。優しい釣り師だ(^^)。

夜釣りの部:通信仲間がチヌを釣り上げているとの情報を聞き、私も・・・との思いで出かけることにした。今の時期はセイゴが多くて今一つ夜釣りは好きじゃない。今日は鞠山遠征時に買った1号用電気ウキを試してみる。2点点灯式なので良く当たりが確認できる。が,来るのはセイゴばかり6匹。針を飲み込まれてしまったので,持ち帰ることにした。通信仲間に教えてもらった首折り&氷潮水づけにした。さきほど自宅で魚をクーラーボックスから取り出したが,不思議と今まで感じていた生臭さを感じない。

明日はどうやってセイゴを調理しようか・・・塩焼き・唐揚げ・・・明日考えようっと。

TOP

●99/08/15(日)15:00〜18:30 月齢:3.7 武豊港

盆休み最後の釣りを,次男の良輔と一緒に武豊港へキス狙いで釣行した。敦賀オフの時に新調したが未使用の5.4m磯竿の使い勝手を見るためでもある。

息子には3.9mの投げ竿を持たせ,私は5.4mの竿を使って,チョイ投げでキスを狙った。まず,息子の仕掛けを作り,投げ込んでおき「穂先がピクンピクンとゆれたら思い切り合わせるんだと」と説明している途中で当たりが来た。急いで巻き上げるとハゼがスレでかかっていた。

自分の仕掛けを作っている途中に息子がどうやらキスの20cm級をばらしたようだ。抜きあげるときに緩めてしまった模様。本人は残念がるが私はホッ^^;。自分の仕掛けを投げたとたん,また息子に当たりがあった。何と15cmのピンク色した白ギスだ。やられた!久しぶりにキスの魚体を見たが奇麗な魚と思う。

また次男坊はめずらしい掛け方をした。同じ針に子ハゼと大きなハゼを同時に掛けていた。推測するに,イシゴカイを食べた子ハゼを大きなハゼが飲み込もうとしたのではないかと・・・

本命のキスを釣ろうと,息子の投げた近辺を狙ってみるが,来るのはメゴチとチャリコとハゼばかり。キスは結局息子が釣った1匹のみ。他にチャリコ3匹,ハゼ6匹,カレイ1匹,メゴチ8匹の釣果でした。極端に小さかったチャリコ以外は持ち帰り唐揚げで食べました。メゴチは特に美味しかった(^^)。

TOP

●99/08/12〜13(木〜金) 16:00〜21:00, 5:00〜10:00 敦賀鞠山

盆休み初めての釣りとなった。しかもネット仲間とのオフだ(^^)。 「 いつもニコニコめざせ10目釣り!」のASTROさんとKOBAさんに敦賀の鞠山周辺へ連れていってもらいました。

敦賀IC直前の刀根PAで14:30に集合。名車アストロを先導車としてまずは餌屋を目指す。狙う魚はアズキマス。まぁ釣れれば何でもいいけど・・・。地元の岩ムシがいいという餌屋さんのアドバイスで1200円の岩ムシを購入。実は愛知県からいつものミノムシも持参した。ASTROさんとKOBAさんはこだわりの紀州釣りでチヌ狙いだ。団子を練る作業を間近で見たが,結構技を要するみたいだ。

目的地の鞠山に到着する。釣り公園もあって、家族連れの釣り客もたくさんいる。また、子供が水遊び出来るように安全な浅瀬も人工的に作っている。愛知県の釣り公園(知多堤)みたいに手摺りを付けただけとは大きな違いだ。トイレも完備しているせいか女性も多い。当初入る予定だった場所は北風が強く断念し,突堤の先端南側で釣りを開始する。

水深を聞くと,10m以上とASTROさんが答えてくれる。いつも浅場(4m以内)で釣っている私にとっては難しい釣り場だ^^;。この日のために新調した5.4mの磯竿を使うかルアーロッドを使うか迷ったあげく後者を選択した。2号のおもりに3号のチヌ針と1.5号のハリスをつけて準備完了。まず周囲を見渡すと隣の人が紀州釣りをしている。はじめて間近に見ることが出来た。正確に団子をポイントへ投げ、その後必要な量の糸を3回ぐらい竿をあおって出している。芸術的な釣りだ(^^)。

第一投目を隣の人と同じくらいの距離のところへ投入する。糸が出ること出ること^^;。やはり深い!風が強いのであたりが取りにくいが短い竿なのでまだましだった。巻き上げてみると針がいきなり無くなっている。ふぐの仕業なのか・・・気を取り直して第二投目。いきなり穂先にあたりを感じるが次の瞬間なくなる。何かな?と思いゆっくり巻き上げてみると途中から強烈(大げさだ^^;)な走り。ドラッグをゆるゆるにしていたのでジィーと糸が出ていく。あわててドラッグを強くしてやりとり開始。柔らかいロッドなので大きくしなるがどうも大物ではない様だ。あがって来たのは20cm前後のマダイ。ちょうど塩焼きサイズの大きさだ。これで夜食の鍋に入れる食材をゲットして一安心。

その後ハオコゼをゲットするが海にお帰り願った。ASTROさんはキジハタを釣った様だがリリースした模様。またKOBAさんは20cmオーバーのカサゴの良型を釣り上げた。これは夜食の鍋行きに決定。しばらくあたりが全くなく餌も残ったまんま。ここで愛知県から持参のミノムシを付けてへちを狙う。着底後に穂先に当たりがある。うん?と思いゆっくり穂先をあげると竿をしならせてくれる。念願のアズキマスか・・と思いきや上がってきたのは先ほどと同じサイズのマダイでした。これも鍋行き決定。

暗くなってからもヘチを狙うが当たりは全くなし。周りでも歓声が聞かれない。21時で第一弾の釣りは終了し鍋作り作業に突入。3人の作業分担を決めた。ASTROさんは魚調理,私が野菜切り,KOBAさんが鍋持ち係り^^;。魔法の調理器サーマルクッカーを利用して煮込む。水の分量を間違い,出来上がった鍋は4.5L目一杯。味付けもまあまあうまく行き,美味しくいただきました。

宴会終了は24時。二人は明日の餌を仕入れに若潮屋へ向かったが,私は就寝。遠征での釣りは何年振りだろうか。敦賀の海は綺麗だ。これが本当の海釣りの様な気がする。翌日は5時スタートだ・・・

夢の中でコンコンとドアをノックする音がする。そうだ釣りの時間だ。ASTROさんが起こしに来てくれた。時計を見ると4時半。さすがにみんな釣りとなると早起きだ。私は起こされなければ,暑さで目をさます結果になっていただろう^^;。まだ薄暗いので顔を洗って目を覚ます。昨日入れなかった場所ではすでに二人は釣りを開始していた。

今日の釣り場は水深が浅く探り釣りが可能。4.5mの前打ち竿で釣りを開始。当たりは頻繁に有るが,全て根に持ち込む小魚だ。餌はなくなれど魚は釣れない。結局餌釣りは2時間ほどでギブアップ。ルアーにかえるが,いっこうに当たりが無いので納竿し二人の釣りを拝見する。紀州釣りはやはり奥が深そうだ。素人が簡単に手を出せる釣りではないと感じた。だが次回はきっと紀州釣りでチヌをゲットしようと心に誓った(ウソ!)。

ASTROさんがアズキマスを2匹ゲットしたがリリース。いつかは25cmオーバーのアズキマスをゲットしたいものだ。私に何とか釣ってもらおうと場所替えをASTROさんが提案してくれた。朝食を済ませ,次の場所へむかう。人工海水浴場のそばの小突堤だ。だが太陽の光が強く暑い〜。また黒くなってしまった(^^)。結局ここでも釣れず。KOBAさんは最後まで粘ってベラなどを釣り上げた。11時で終了し,おみやげを買いに連れていってもらうこととした。

いわゆる魚広場に行き,毛蟹2匹とほっけ4匹を購入。いいおみやげが出来た。KOBAさんは水槽に飼われていたアズキマスの25cm級とおこぜ2匹を1000円でゲット。友人に調理してもらうそうだ。こんなのが釣れるはずだったのに(^^)。レストランで昼食を御馳走になりました。有り難うございました。

アストロを先導車として敦賀ICへ向かい,お二人と別れました。本当に楽しい釣りでした。

TOP

●99/07/31(土)16:30〜19:00 月齢:17.3 阿久比川河口

ふむ,ハゼ釣りも奥が深い・・・。家を出るときに長男と次男に約束した数字は25匹・・・前回と同じ数だ。しかし甘くはなかった^^;。17:30の段階でキープ出来たのは2匹のみ。やばいなぁ・・。その後なんとか数を伸ばすが,結局14匹どまり。

【教訓】
ハゼといえどもあなどるな(^^;;。

TOP

●99/07/25(日)13:00〜18:00 月齢:11.7 阿久比川河口

夏の釣りといったら,ハゼ釣りがファミリー向けですね。今日は陽射しが強い中,麦わら帽子だけかぶり,短パンとTシャツで釣りに行きました。暑かった〜。体中日焼けして,ちょっとヒリヒリしている。

やはりハゼといえども,昼間は釣りにくい。当たりが散発的にあるだけ。ジリジリと陽射しが容赦なく私の肌を焼いていく。明日は会社で何て言われることだろうか^^;。16時位から当たりも出てきた。しかし,なかなか針掛かりしない。チビハゼだからかな?昼間の釣りは久しぶりだが,太陽の中での釣りも健康的でいい。とりあえず唐揚げに足りる数をゲットしたので,終了。先ほど唐揚げで食べました。やはり美味しいですね,ハゼは(^^)。

今もチヌを狙っているけど,やはり小物釣りは楽でいい。必ず釣れるからボウズということもないし,食べてうまい魚が多い。夏と言えば,堤防の子アジ釣りがあるな〜。武豊周辺でコマセ釣りもやりたくないし・・・

TOP

●99/07/23,24(金,土)19:00〜22:30 月齢:9.9,10.8 武豊港

今日は二日分の釣行記だ!明日はハゼを狙おうかな^^;;。

昨日はミノムシの生きが悪かった。今日は風が強かった。言い訳にしか過ぎないことはわかっているけど・・・。今年もチヌの顔を見ずに年を越しそうだ。食ってうまいわけではないが,あの引きがたまらない。1匹でいいから釣り針にご挨拶して下さいな>チヌ殿

今日は,武豊北埠頭から花火が打ち上がったようだ。19:30から約1時間見事な花火を見ることが出来た。釣りをしながらの花火もまたいいものです。ただ、ドン!ドン!という音と地響きでは魚も警戒するよな〜。

TOP

●99/07/17(土)17:30〜21:30 月齢:4.2 武豊港

今日はスタートからつまずいた(;__;)。中山製鋼の駐車場に止まっていた車の隣に入った・・・が,何故か左前輪がガクッと落ちた^^;。なんだなんだ・・・車を降りて見てみると,深い穴が有ったのです。気を取り直してバックするが何と,右後輪が空転して脱出できない。ヤベェ〜。後輪に板を敷いたり岩を挟んだりするが全部ダメ。近くに人もいない。最悪・・・ここで冷静に考えた。右後輪の荷重を増やせばいいのだ。そこで、落ちた左前輪側にジャッキをセットして右後輪に荷重を加えた。

やっと自力脱出成功(^^)。30分位だが非常に疲れた。久しぶりにチョンボをやってしまった。気を取り直して,釣り場へ向かった。

今日はミノムシとカニを準備。カニで前打ちの練習だ。本当にカニで魚が釣れるのか・・・昔から疑問だったが何と当たり,即合わせた・・・がチヌの当たりではない。18cm位のハゼ^^;。でもカニ餌で初めて魚を釣った(^^)。その後は当たりがないので,ミノムシに変更。

チヌの当たりが全くない。ガシの17,18,21cmでおしまい。合計4匹どまり。非常に疲れた一日だった。

TOP

●99/07/10(土)19:00〜21:30 月齢:26.2 武豊港

梅雨も明けたようだし(まだかな?)チヌを狙って武豊港へ行ったけど・・・

何となく今日はチヌが釣れるのではないかと,ひそかな野望を胸に抱いて行きました。明日の昼食の「おかずサイズ」のガシを2匹連続ゲット(20,18cm)。幸先のいいスタートだ。20時を過ぎると周辺は闇の中。運命のバラシ到来だ^^;。穂先が重くなり海面へひきづり込まれていく。今日の餌はミノムシ(特に長めサイズ)だったので慎重に食い込ませた。そしてヒット(^^)。穂先がグイッともって行かれる。竿をためた・・・その瞬間(;__;)。こんなもんだ,私の実力は・・・

その後同サイズのガシを追加するものの,あんまり嬉しくない。今日のミノムシは長いのが多かったので,空あわせも2回(これはチヌかどうかは不明)。やっぱり5cm位に切って使うべきだったかな・・・

TOP

●99/07/03(土)18:45〜21:30 月齢:18.7 武豊港

今週も中山製鋼の門から入って,武豊港で釣りをしてきました。何を狙うのか迷ったあげく,メバル狙いでイシゴカイを購入。釣り人は5人ぐらいかな?小雨になったとはいえ、いつ雨が降ってもおかしくない空の色。

最初の1時間くらいはまだ明るく,魚の当たりがない^^;。ゼンメの当たりすらない。場所を徐々に移動する。足下を重点的に攻めると,穂先にコツと当たり。もしかしてメバルか・・・穂先を少しずつあげてみる。底に向かって走り出した。思い切り合わせて何とか16cmのメバルをゲット(^^)。

その後,ガシ1匹とタケノコメバル2匹(20cm前後)を追加したところでタイムオーバー。もう少し釣りたいよ〜。だけど門が閉まるとやばいので納竿。明日は竜田揚げの粉を買いに行った後で唐揚げにしよう(^^)。

TOP

●99/06/26(土)14:30〜19:30 月齢:12.3 武豊港

今日はミノムシを買ってしまいました。もちろんチヌ狙いです。晴れてきたので昼から武豊港に行って来ました。今日は中山製鋼の門で手続きをしてから,入りました。手続きは簡単です。名前と住所と電話番号を記入すればOKです。自分の番号が割り当てられるので(私は82番です)次回からはより簡単に入ることが出来ます。

東からの風がやや強いものの,濁りも入っていてまあまあのコンディション。釣り始めて30分を過ぎた頃に当たり。ちょっと時間をおいて合わせると,なかなかの引きだがチヌとは違うようだ。上がってきたのは21cmのタケノコメバル。煮付けがうまそう(^^)。その後ミノムシはゼンメの攻撃の的になってしまう^^;。スレでゼンメも1匹かかってきた。

足下を攻めてみる。着底寸前で当たりがあった。しっかり合わせると,20cmのアイナメ君でした。久しぶりに顔を拝んだ。やはり武豊港は魚影が濃いと実感。釣り慣れているしポイントもわかるから釣ってても楽です。その後アイナメの17cmと15cmのガシを追加した。薄暗くなって,さあこれからチヌだ〜と思ったら無情にも空からポツリポツリ・・・と。段々雨足が強くなったので19:30で終了。明日の昼飯のおかずには十分な魚をゲット出来ました(^^)。

TOP

●99/06/22(火)21:30〜0:30 月齢:8.7 武豊港

明日はちょっと病院へ行かなくてはいけないので,有休を取りました。先週は雨のため夜釣りは出来ず。今日は梅雨の合間で無風状態・・・当然メバル釣りですよね(^^)。

日誌を書く前に情報だけ書いておきます。中山製鋼裏で釣りをしたい方に朗報です。朝の5時から夜の9時の間は,中山製鋼の門で手続きをすれば車は止めれるし,釣りも出きるそうです。私もいつか試してみよう(^^)。

今日は平日の釣りとなった。久しぶりのことである。んんっ!いつもの餌屋さんが閉まっている(^^;。やっと武豊港そばの餌屋でイシゴカイを購入。ちなみに上の情報は餌屋さんからの情報です。

今日は釣り始めてから20分位で1匹目をゲット。なかなかの引きで15cm。幸先良いスタートではあった。その後ガシを追加するものの本命の当たりはなし。0時を回ったところで場所を変更した。これが正解で16cm,15cmを続けてゲットした。その後は根気よく探るが当たりなし。明日の病院のことも考えて早めに終了。今日はサイズが揃ったので気分はいいものの,もう少し数釣りたい。今後チヌとメバルのどちらを狙うべきか・・・悩ましい(^^)。

TOP

●99/05/30(日)16:30〜19:00 月齢:14.6 阿久比川河口

先週のメバル竿折損事件があったので,今週はメバル釣りはお休みです。金をかけずに何とか直す手はないか・・・・いまは使っていないチヌ用中通し竿(4.5m)の穂先をメバル竿の穂先に入れ替えてみました。すると立派なメバル竿(4.5m)の出来上がりです。ちょっと短いけどまぁいいか(^^;。たまたまメーカが一緒なのでこんな技が使えるのかな?

せっかくだから試釣りをと,次男を連れてハゼ釣りに行ってきました。時期が少し早いかなとは思いましたが,そこそこでした。風はやや強かったけれど,それほど支障はない。子供の仕掛けから作り出す。自分の仕掛けを作っている途中で子供の歓声。また先に釣られてしまった。

改造した中通し竿を試してみる。なかなかの感度である。穂先を替えるだけでこんなに違うものかと妙に納得。なんなくハゼを釣り上げる。針がやや大きすぎるのか,当たりはあるもののなかなか針にのらない。今日のサイズはバラバラ。新子ハゼもいれば18cmハゼも釣れた。3世代のハゼを釣った感じである。

自宅に帰ってからハゼの唐揚げを作った。あっと言う間に売り切れ。16匹では我が家においては足りないようだ(^^;。まぁ,物足りないところで終わる方がいいかも知れない。

そろそろギマのシーズンかな?今年こそチャレンジしてみよう。

TOP

●99/05/21(金)20:00〜23:30 月齢:6.3 武豊北埠頭・武豊港

なんと,金曜日の晩に釣りに行けるとは久しぶりだ。おまけにメバル凪。もしかしたら20匹以上釣れるのではないかと・・・。だが現実は甘くなかったのです(^^;。武豊北埠頭ではガシが1匹のみ。メバルの当たりはゼロ。海面に魚が浮いていて時々変な当たりがある。もしかしたらゼンメかな?

場所を移動して武豊港へ行く。前から気になっていた堤防に入ろうと車を細い道に入れたら,最後は行き止まり・・・というより前は海(^^;。Uターンしようとしたが,道幅は4m位かな。数回切り返しをして無事に脱出しました。夜は知らない道には入らない方が無難ですね。

結局前々回の場所で釣りを再開しましたが,当たりは全くない。今日はメバルの顔は拝めないと思った矢先にようやく当たりがあり,1匹をゲット。が,あとが続かない。今日はダメだ。1時間後位に当たり。底を狙っていたが,しばらく様子を見た・・・・・これがいけなかった(;_;)。根に持って行かれたので,強引にあおったら「バキッ」無惨にも3本目部分からポッキリと折れてしまった>メバル竿。

何とか折れた竿を引き上げたら,その先にガシがくっついていました。美味しそうな煮付けサイズ・・・明日の晩は高い魚の煮付けになるなぁ。

明日はどうしようかな?夜釣りでメバルは狙えないから,昼間のハゼというのもいいかもしれない(^^)。

TOP

●99/05/15(土)21:00〜03:30 月齢:29.2 武豊北埠頭

先週と同じで,休日出勤のあとに出かけた。自宅を出るまで風はそんなに強くなかったのに・・・。冒頭に釣れなかった言い訳を(^^;。

武豊北埠頭に着くと数人が竿を出しているだけ。以前の人気振りとは大きな違いだ。誰も釣れている感じはしない。南/東から吹いてくる強風の為に仕掛けが飛ばないのはもちろんのこと寒いよ(;_;)。ガシが2匹釣れたものの,本命が来ない。周りの釣り人も一人,二人と帰っていく。干潮も近づいた頃,メバルの当たり。慎重に合わせてようやく1匹ゲット。14cm程度だが引きはまあまあ。その後は全く当たりなし・・・と言うよりも当たりが分からないんです。

23:30を過ぎるとさすがに根性が無くなって,車に一旦戻り暖をとる。ちょっと横になったつもりが,ふと気が付くと2時間過ぎていた。さぁ仕切直しだと気合いを込めて外を見ると相変わらずの強風。3:30まで竿を出すもののチビガシが1匹来るだけ・・・あきらめて帰宅しました。トホホッ。

TOP

●99/05/08(土)20:00〜01:00 月齢:21.6 武豊港

休日出勤を済ませてからメバルを狙ってきました。疲れている身体にむち打って・・・。最初は半田の中央埠頭で狙ってみたのですが季節はずれのセイゴが1匹だけ。そばで釣りをしていた人は「全然当たりがないよ(;_;)」。見切りをつけて武豊北埠頭へ移動したが,結果は同じ。全然当たりがない。そこで先週と同じ武豊港で釣りを再開。前回みたいに入れ食いということはなかったけど,それなりに釣れてきました。サイズは13〜15cmの小型サイズです。

今日の釣りをずっと見守ってくれた動物がいました。お腹の大きな黒猫^^;。妊婦さんのためにメバル3匹とガシ1匹を進呈しました。ちょっと気味が悪かったのですが武豊港をねぐらとしている猫なんでしょうね。魚をくわえると必ず一旦どこかに移動していました。食べ終わるとまた私の後ろの方で待機。

結局メバル9匹を自宅に持ち帰ったので,明日のバーベキュー食材にするつもりです。塩焼きかな?明日は(といっても今日か)母の日だから,少しはカミさん孝行しようかな。

TOP

●99/05/01(土)18:00〜23:00 月齢:15.2 武豊港

昨日に引き続き,メバルを狙ってきました。最初は武豊北埠頭で釣りをしていたのですが,当たりが全くなかったので風を避けられる武豊港に21時頃移動しました。まだ工事中なので行き止まりのそばで釣りを再開。これが正解でした。風も避けれて海面も穏やか。すぐに入れ食い状態。ただ、サイズがやや小さく13cm〜15cmといったところです。

久しぶりに入れ食い状態だと,興奮しますね。やや引きが弱いので少々物足りない気もするが贅沢というものだろう。当たりは海面から50cmのところで全てヒット。風裏になるところを選定するのがメバル釣りのコツなんだろうか?22:30を過ぎると当たりも遠のいたので23時に終了。

明日はメバルの唐揚げだ(^^)。

TOP

●99/04/30(金)21:00〜02:00 月齢:14.3 武豊北埠頭

今年の釣りはじめが本日とは・・・今は仕事が忙しくて釣りに行けない毎日です。が今晩は行って来ました(^^)。メバルだよ〜。

まず,武豊北埠頭のメバルのポイントに工事船が停泊していますね。何をしているんでしょうか?あれじゃメバルは釣れないよ。仕方ないので別のポイントで竿を出す。自宅を出るときにはそよ風だったのが,釣り場に着くと向かい風状態。ファイザー製薬の工場から出る煙も煙突出口から急激に西にたなびいている。条件はよくないなぁ。

チビガシが1匹かかってくるが,本命のメバルの当たりは皆無。たなを探ろうとするが風が邪魔をする。道糸は細目にしないともろに影響を受けてしまう。3号はちと太すぎたようだ。24時までこの場所で頑張るが断念し別のポイントへ移動する。

風が少し収まってきた。チャンス到来。いきなりメバルがヒットした。やはり表層での当たりである。サイズ的には15cmだが,秋のメバルより腹がふくれているような気がする。脂がのっている証拠かな。風は強く吹いたりやんだりの状態。海面が荒れると当たりも遠のく様な気がする。久しぶりなのか腕が悪いのか,針に乗せることが出来ない。が,ついに久しぶりの大物の引きが来た。メバル特有の底に向かう引きだ。かなり抵抗するが強引に抜きあげた。腹が太いので大きく見えるが17cmといったところ。

2時過ぎになると風が強くなり寒さがこたえる。連日の仕事疲れも手伝って眠くなったので,4時に起きようと仮眠に入る。が・・・目が覚めたら日がsun_sunと(^^;。これじゃメバルは釣れない。10分ほど竿は出したが帰路についた。

TOP