04年度釣行日誌

釣行日 月齢 場所 釣果 エサ
04/09/18(月) 3.6 伊勢湾 イサキ2匹 ウタセエビ
04/08/09(月) 23.2 敦賀沖 マイカ1杯、アジ6本 スッテ、オキアミ
04/07/03(土) 15.6 敦賀沖 白ギス25匹 石ゴカイ
04/06/12(土) 24.4 敦賀沖 白ギス6匹 石ゴカイ
04/05/15(土) 25.8 三重県引本港 ボウズ エギ



●04/09/18(土)6:00〜13:00 月齢:3.6



伊勢湾での真鯛釣りに誘われたので行ってきました。メンバーのうち3名とは面識有り。残りのお二人とは初対面でした。船全体で真鯛が10匹くらいだったかな?他に黒鯛とハマチなどなど。しかし私だけ真鯛が釣れず・・・とほほ。けれど、しっかり真鯛をいただいて帰ってきました。感謝!真鯛を塩焼きで食べましたが最高の味でした。家族全員でつついてあっという間に骨だけ。

TOP


●04/08/09(月)18:00〜24:00 月齢:23.2



7月末のWINDIEさん主催納涼船上オフがいまいましい台風のために中止。その後マイカは釣れないという情報も有りましたが、休みを楽しまなくては〜(^^) スパイクさんが9日に甚五郎丸で出船という事なので、ご一緒させていただきました。

時間に余裕が有ったので魚広場を見学したがタラバの小さいのが\5,000。あれはお客をバカにしている値段だと思う・・・めちゃくちゃ高い。安いカニを食べたい人はここがおすすめです。特に福袋はgood!

釣り人は全員で7人。岡崎から来られた方と雑談しましたが、最近は師崎出船では釣れなくなったので、こっちに来ているとの事。何となく分かる気がします。乗合なので一抹の不安あり。まぁスパイクさんがいるし大丈夫・・・と思っていたら、さっそくトモの人とお祭り。ボーとしていたら船長に怒られた〜(^^; ようやくマイカのあたりが有り、慎重に巻き上げ。何とか船内に取り込んだ直後に元糸からスッテが外れた。危ないところでした。その後は全然当たりがない。船長から「アジを狙え!」トモでは大アジがバンバン上がっている。でも今日はマイカ狙いだと我慢。3回くらい船長から言われたので、マイカをあきらめてアジ狙い。不器用な私は2本出すことは出来ません。

やはりアジの活性は高く即あたり。2匹目は40cmに届こうかという大きさ。しかし家で計ると37cmでした。次に当たったアジは途中に引きもなくバレたかと思ったが無事にゲット。6匹釣ったところで納竿。その後船の周りを回っているツバスをスパイクさんのルアーロッドを借りて狙ったが×。

スパイクさんはマイカを4杯ゲットした上に、アジ・ツバスも釣っていました。上手だなぁ〜。釣りへの投資金額も違うし・・・(^^) 送り迎えまでお願いして有難うございました。さわべっち氏からお土産をいただき感謝!めちゃくちゃ美味しかったです(^^)

釣果は胴長20cmマイカ1杯と30-37cmの大アジ6本。船長からアジは唐揚げにして余ったら南蛮漬にすればいいと教えてもらいましたが、3本はASTROさんお薦めのフライにしてみました。初めてチャレンジしましたが滅茶苦茶うまい!残り3本は干物にしました。そういえば刺身にするのを忘れた〜(^^;



TOP


●04/07/03(土)8:00〜15:00 月齢:15.6



前日の21時頃、某飲み屋で飲んでいるさわべっち氏から電話があり「Mr.slimさんが白ギスを釣りに行くから敦賀に来ないか?」とのお誘いに「はい!」と即断。本当は一色の朝市で車海老を買って子供たちに食べさせる約束をしていたがキャンセル。

翌朝7時に待ち合わせて、KANEやんと3人で出港。システムを全く理解していないので手伝いが何も出来ず、お客様状態でした。釣り場は前回の場所から少し南西の場所。シーアンカーでの流し釣り。ぼちぼち釣れはじめ、slimさんは25cmオーバーの白ギスを2匹ゲット。いけすを覗き込むと、その2匹だけ異常に大きい。KANEやんは先端で釣っていたので、ほとんど会話をかわせなかったが着々と釣り上げている様子。途中に餌を追加購入し約7時間の炎天下のなか頑張りましたが、さすがに顔や腕が強烈な日焼け。軽いやけど状態ですね、我慢できるけど痛い。
slimさん、KANEやん、本当にお世話になりました。

自宅に帰ってからは干物製作開始。slimさんからキスの干物は美味しいよと教えられたので大きいキスから開き始めたが、アジに比べて作業がやりにくいので途中から頭と内臓だけ取り出しての丸干し加工。7%濃度の塩水に約1時間つけてから網に並べて終了。本日(翌日)の午前中には完成予定。

車海老の画像は本日の早朝に朝市で購入したものです。1/3ほど昇天してしまいましたが、はじめは全部生きていました。朝から豪華なおかずが並ぶかも知れません。ちなみにお値段は15匹で3,000円ちょっとでした。酒蒸し用としてあさりもついでに購入してきました。

TOP


●04/06/12(土)9:00〜12:00 月齢:24.4



実に3年ぶり・・・マイボートを車に積んでの釣行です。昨年の中間船検の時にサンマリンファミリーの社長から「釣りに行っていないの?もったいない!」と言われた位です。疎遠になった理由は、年を取るたびに重いものを一人で運ぶのが辛くなってきたというのが第一ですね。第二は釣行後のメンテナンスが結構面倒くさい。でも穏やかな海上を自分自身の操船で移動できることは楽しい〜。

スルメイカの乗合(深夜便)に乗ろうと思ったら、某船長から「深夜便は時間が短かくて十分楽しめないからやめとけ」と言われ、それならば昼間のボート釣りということで魔王さんを誘って敦賀へGO。途中若潮屋で餌と仕掛けを購入した。オモリを5号位で狙える浅場を考えていたら「15号以上で深場を狙わないと釣れないよ」とアドバイスが有ったのですんなり自分の意思を曲げてしまった。

某料理長の浜から出航したが速度が出ない。おかしいなと思ったら・・・ドーリーを上げ忘れ。3年ぶりなのでやはり緊張しました。魔王さんに水深を測ってもらいながら場所を選択しアンカー係留。3回ほど場所を変えながら久し振りにボート釣りを楽しみました。昼前から風が強くなり白波も出てきたので3時間ほど釣っただけで早上がりしたのが心残り。しかしアオリのポイントも教えてもらったし、次のチャレンジは秋のアオリイカに決定。

最後は恒例となっている海産物購入。釣れないときには現地で鮮度が高いものを購入するのが一番です。観光客が良く行く魚広場は値段が高いらしい(地元の複数の釣り人が言うので間違いないだろう)ので隣のスーパーで活サザエ、刺身用甘海老、ハタハタ一夜干しを購入したがわずか\1,300程度。敦賀に行った時には今後このスーパーで購入しようと心に決めた。

TOP


●04/05/15(土)15:30〜18:30 月齢:25.8

今年初めての釣りに出かけました。というより潮の匂いを確かめに行ってきました。とりあえず手軽に竿を出せるように、エギングでアオリ狙いに決定。以前に釣り上げた実績のある引本港へ出かけました。

地元のおじさんが竿を出しかけていたので、しばらく雑談。状況を聞くと一昨日にもアオリを釣り上げたということなので期待がもてる。春のアオリは大きいから、エギで狙うなら秋がいいよとアドバイスを頂きながらオレンジ系のエギを投げ続けるけどあたりなし。

おじさんは活きアジの泳がせで狙っていましたが、全くあたりなし・・・活きアジでもあたりがなければ、当然エギを狙うこともないだろうと早々に断念。まぁ今日はとりあえず海に来ることが目的だから。

往復400kmのドライブだから自宅にお土産を買わなくちゃと思いつつも道の駅の店も閉まっている。仕方ないので24時まで開いているスーパーで三重県産の干物(アジ、カマス)を購入し自宅到着。

TOP