02年度釣行日誌

釣行日 月齢 場所 釣果 エサ
02/08/17(土) 9.2 敦賀沖 マイカ20杯 スッテ
02/07/27(土) 17.3 敦賀沖 カサゴ1匹 オキアミ
02/06/22(土) 11.9 敦賀沖 マイカ3杯他 スッテ、エギ
02/04/27(土) 14.8 越前沖 アジ29匹 オキアミ、サビキ
02/03/24(日) 9.6 矢口浦 白ギス4匹、他 石ゴカイ、オキアミ



●02/08/17(土)17:30〜1:30 月齢:9.2 敦賀沖


WINDIEさんが納涼マイカオフを企画してくれました。毎年ありがとう〜!来年も参加したいです。

かなり前の釣りなので詳細は忘れてしまっています。思い出しながら書きますね。当日は波が高く落ちたら「死」を覚悟するような状況でした。救命胴衣を今後は忘れずに着用しなければと反省。18:00に出港予定。遅めの昼食をたらふくお腹に詰め込んだら、予定より1時間早く出港したものだから消化する前に船酔いが・・・船長になってから初めての船酔いではないだろうか?写真右側は吐きそうになりながら釣り上げた時の写真ですが表情がかたいのがわかるでしょう〜^^; 本当に苦しかった・・・

昨年に比べ型が大きい。しかしなかなか乗らない。船長が極秘の釣り方を教えてくれました。これは画期的なマイカ釣りの極意です。あまり広めるといけないから文字サイズを小さくして紹介しますね〜!

・リールはダイワシリーズ前提
・イカシャクリ機能は使わない
・指定された棚を超スロー(2)で巻き上げ

これを解釈すると、手釣りの極意を電動リールに応用したといえる。いや本当にこの方法にしてから快調に釣り上げることが出来ました。もう一つ付け加えるならば、後半は乗りが今ひとつだったけど、軽く合わせた方が良かったかも知れません。これをマスターすればあなたも「マイカ」爆釣間違い無しです。来年試してみてください。

監督の大アジとマイカを物々交換をしました。これっていいなぁ〜(^^) だってマイカとアジを同時に狙うことなんて不器用だから出来ないもの。今回は行きも帰りもスパイクさんに運転してもらいました。すごく助かりました。眠くなったら仮眠を取るようにしましょうね〜>ALL

今回の参加者は・・・
WINDIEさん、tensyuさん、しじみさん(大阪・滋賀組)、魔王さん、BOOさん、監督(名古屋組)、CASLさん(三重組)、ASTROさん、スパイクさん(岐阜・愛知組)で全員だったかな?

TOP


●02/06/22(土)17:30〜23:30 月齢:11.9 敦賀沖



魔王さんがマイカオフを企画してくれました。感謝〜!

昨年はマイカのサイズと数に対し欲求不満を持っていたので、今年こそはという期待が大きい。その期待は出船まで。外海は大荒れということで釣り場は何と湾内だ。以前に24時間耐久敦賀オフで夜中に係留していたブイのそばだ。ここだとマイカの数釣りはむずかしそう。

明るいうちはみんなアジ狙いをしているようだ。今回はマイカ本命狙い一本!といきたかったが、ちょっとだけスッテの上側2本にオキアミ仕掛けをセット。アジは底だったようでこの作戦は見事失敗。太陽が沈んでからはイカオンリーで過ごすが、当たりが皆無。今日は坊主かな?と覚悟したけど女神が微笑んでくれました。まずは胴長20cm前後のマイカを何とか2杯ゲットし、最後には25cmのマイカもゲット。これで刺身と沖漬けの両方が楽しめるのです(^^)

おまけにムギイカも1杯上がり、さらには船内備え付けのタモアミで鉛筆大ムギイカを2杯ゲットして沖漬けのタレの中へ直行便。苦労してタレを作った甲斐がありました。
船全体でも10杯ちょっと?なので船長も沖への移動を決めたようだ。しかしこれが裏目とでる。全く当たりがなく30分ほどで終了。この時に紅海さんだけはしっかりマイカをゲットしたようです。アジ狙いの人は30cmオーバーも釣れたようだし、悪天候の割りには良かったのではないでしょうか。

参加者は、釣魚食人さん・紅海さん・NAOさん・てらさん・ととやさん・釣魚食人さんのお友達3人に魔王さんと私の合計10名でした。最後に翌日のボートオフ参加の皆さん(ASTROさんを筆頭に・・・)がお裾分けを期待して集まってくれましたが、配給なしだったことは言うまでも有りません(涙)。

TOP


●02/04/27(土)13:00〜19:00 月齢:14.8 越前沖



今年初めての本格的な船釣りです。アマゴさんが企画してくれました。上の画像は出船前のアマゴさん同僚と私です。左側にいるのがサキちゃんで、未来の旦那さんを置き去りにしても自分ひとりで釣りに出かけそうな方です。釣り好きな方と結婚してください。

狙いはアジと根魚です。アズキマス(キジハタ)も釣れるという事で気合も入る。30分位走って越前沖でアジを釣り始める。コマセ係となりさかんにまくが、自分には釣れない。船長が「おい、何匹釣った?」「4匹です」と私。すると「サキちゃんに大きく負けとるやないか!」 ほっとけ〜!

見かねた船長がこれでやってみい。なかば強引だったが...郷に入れば従え...と赤色で小さ目のサビキを試してみる。これが正解なんだよね〜。いきなり8匹程度釣り上げ船長が写真を撮ってくれたはずなのだが、デジカメの調子が悪かったようだ。期待させやがって(ーー;  (嘘ですよ^^;)

その後はぼちぼちと釣り上げましたがサイズ的には18〜25cm止まりの中アジでした。自宅で全て開きにして冷凍保存にしました。その後は根魚のポイントに移動してアズキマスを狙いましたが不発。しかしCASLさんが釣り上げたアズキマスのダブルは見事でした。

今回お世話になった船宿は泰丸です。帰りにスルメの子供50杯程度とステッカー(どこに貼るのかな〜)を頂きました。有り難うございます。夜の部のローストチキン(手羽元)を作るためにスーパーの場所をきき解散。

焼き鳥とローストチキン他の材料を仕入れ、皆が待つキャンプ場へ。わいわいガヤガヤ過ごしました。この瞬間が楽しいですね。下の写真は獲物を狙うハゲタカと出来上がりのチキンです。アマゴさん幹事お疲れ様でした。

ええと・・・参加者は、釣りの部が名前の出てこないところでは、しじみさん、ASTROさん、スパイクさん、ととや大黒堂さん、T君でしょうか。バーベキューの部がKOBAさん、まえちゃん、監督ぅ、魔王さんです。皆さんまたよろしくね〜(^^)

TOP


●02/03/24(日)6:00〜15:00 月齢:9.6 矢口浦



ついに初釣行に行って来ました。CASLさんの初操船を兼ねて白ギス・アジ狙いです。右側が初操船にチャレンジ中のCASLさんですが、やけに余裕があります。私の時を思い浮かべてみると汗をかきまくりだったのに・・・しかもCASLさんは一番白ギスを釣り上げ、唯一の20cm級アジまで釣り上げるから驚きです。ちょっとは遠慮してもよさそうなんですがねぇ〜 ちなみに同行者は閑人さんと摩季さんです。

ボート全体では白ギスが好調で40匹以上あがったのではないでしょうか。サイズ的には15〜20cm程度かな?私は4匹しか釣れませんでしたが船長からお裾分けをいただき上の画像になっているわけです。白ギス釣りをなめていましたが、固いバスロッドでは当たりがあっても乗り難いことがわかりました。次回にはキス用のボートロッドを購入して挑戦してみます。もうひとつ気がついた点はメバルと一緒で生きの良い石ゴカイが重要だということです。さらにもうひとつ・・・矢口浦の白ギスは青虫では釣れない・・・

他にハゼとチビカサゴを釣りましたが、閑人さんの養殖水槽で飼われることになりました。大きくなったら閑人さんの胃袋の中へ入るのかな?

貸船屋から「アオサ」をいただきました。自宅でもう一度干している画像です。初めて食べてみるのですが、果たしてお味の方は?

TOP