初心者へのアドバイス

私自身プロではないのですが,初めて釣りをする方へのアドバイスになれば幸いです。よく世間では師匠を超えれない(^^;といいますので,そのあたりはご了承下さい。

チヌ
メバル
ハゼ
小物の準備
はりの結び方
潮と釣りどき



【チヌ】

私のホームグラウンドは武豊港です。また、高所恐怖症なので高場での釣りはしない。ただし知多提のように手摺りの有るところは別ですが(^^;。従って、普通の堤防釣りにおける仕掛けを紹介します。

●ロッド:4.5m〜5.4m
●リール:太鼓リール
●道糸 :蛍光色の3号
●ハリス:昼間は0.8〜1号,夜釣りは1号〜1.2号,長さは50〜100cm
●針  :チヌ針2〜3号
●えさ :私の場合ほとんどミノムシか青イソメを使用しています。
●仕掛け
いたってシンプルに構成します。道糸とハリスにそれぞれチチワを作り、それを結合します。針から約5cmのところにガン玉を付けておしまい。よりもどしは付けないで下さい。私は探り釣りのときにも夜釣りの浮き釣りの時でも基本的にはこの仕掛けだけです。だから釣果が上がらないのかもしれません。
●あたりの取り方
チヌのあたりは微妙です。チンタになると穂先からガツガツという感触を感じますが,3歳以上のチヌでは穂先がグッーと重くなるのが特徴だと思います。穂先をややあげて(50cm位)様子をみてみて、その後徐々に穂先が海面に持って行かれるか,一気に持っていかれたらあたりです。そのときに思い切り穂先を持ち上げればきっとヒットするでしょう。


TOP



【メバル】

●ロッド:6〜8m(リールなし)
●道糸 :3号
●ハリス:0.6〜0.8号
●針  :メバル8〜10号
●えさ :武豊港の場合,昼間はモエビで夜釣りはイシゴか細目の青イソメがいいようです。
●仕掛け
チヌと全く一緒です。昼間のメバルはほとんど底で構わないのですが、夜釣りの場合海面に浮いてくることが多くなります。従って,海面すれすれから底までを探る必要があり、私の場合針から1〜2m程度の場所にケミホタルをつけて棚の位置を調整しています。また、海面上に浮いている場合は出来る限り軽いおもりをつけて針から離した方が食い込みが良くなります。
●あたりの取り方
ちびメバル(12cm以下)は,えさを一気にくわえて根に向かって運びます。だから、穂先がグッともって行かれたら合わせた方が無難です。でないと,根がかりになる確率が高くなります。15cmを超えるメバルの特徴は、えさをくわえたまましばらくじっとしているようです。穂先がなんとなく重く感じたら30cm位そっとあげてみます。そこで穂先をグッともって行くならば,本あたりです。あわてずにゆっくりと穂先をあげてください。メバル特有のひきを楽しめることでしょう。

<補足>

今年の経験をふまえ,釣りをはじめた方でもメバルが釣れるように,コツを紹介します。

岩場のある浅瀬を満潮に近い時間帯で釣る。
メバルは深場でしかと,決めつけていませんか?意外に浅場でメバルが釣れます。但し,メバルのエサが豊富にある,岩場(根)があることが必要です。ただし、浅場は潮位が高くないとメバルも寄りつかないようです。従って,中潮か大潮の満潮前後が狙い目でしょうか。

ケミホタルは針上50cmの所に付けると,魚の動きもわかる。
深場では棚調整のため,針上1m位が適当と思われますが,浅場ではほとんど底になってしまいます。だから、50cmの所にケミホタルを付けましょう。ちょうど,ケミホタルが海面すれすれになるようにすると、ウキの役割も果たします。

浅場のメバルは「コツ」のあと水平移動して,最後に底へもぐる。
ウキの役割をするので、あたりの後,ケミホタルが水平に動き回ります。ここで慌ててはいけません。しっかり底に向かってエサを持って行くまではあわせないようにしましょう。途中であわせると,必ず「すか」です。それだけメバルは慎重なのでしょう。

実績ある釣り場は人が多いから,大潮前の中潮(朝5時ごろ満潮)の日の,午前1時頃から釣り始めると,人が少ない。
これは,人間の心理をついたものです(本当か^^;)。夕方から釣りに行って,深夜12時を回り干潮のためあたりも少ない。それが2時間も続くと,眠くなるし,もう帰ろうという気になるはずです。だから、干潮後1〜2時間後に釣りを始めるようにすれば釣り人が少ないというわけです(^^)。

セイゴと時期が重なる場合は,石ゴカイの細いものを使用するといい。
体験上,細い石ゴカイを付けるとメバル,太い石ゴカイを付けるとセイゴが釣れる確率が高いです。推測すると、セイゴは動きが早く,太いエサを取りに行く。で、メバルは目がいいから,細い石ゴカイで釣れる...全然根拠は有りません(^^;;。

エサは生きのいい石ゴカイにしましょう
メバルのあたりのあとでばれた場合に、エサの石ゴカイを観察すると,大体が伸びきっています。何故だろうか?多分,メバルがエサをくわえたまま竿と綱引きをするからです。古いエサだと胴体の途中から切れやすくなるものです。また、青虫も切れやすい。切れた段階でメバルは「さようなら」になります。だから,生きのいいエサにするべきなのです。

TOP


【ハゼ】

●ロッド:3.6m前後(リールなし)
●道糸 :2〜3号
●ハリス:0.6〜0.8号
●針  :流線7号
●えさ :石ゴカイ
●仕掛け
チヌと全く一緒です。お子さんが釣る場合は、小型の玉ウキをつけるといいでしょう。エサは石ゴカイを1匹つけるのではなく,半分位を目安としましょう。長く垂らしてもハリ掛かりしません。ハゼはどん欲な魚ですので、ちょっとだけエサがついていれば食いつきます。ちなみにハゼは底を狙って下さい。
●あたりの取り方
足下から竿下まで探って下さい。1匹釣れると固まっている場合がありますので,重点的に攻めましょう。時々、エサを動かして誘いをかけるのをお忘れなく。何をやっても釣れてくると思います。あわせはゆっくり目の方がいいかな?

TOP


【小物の準備】

すごい装備(特大のクーラーやら、タックルボックス,ロッドケース,ディレクタチェアー...)で釣っている方を良く見かけますが,きっと移動するときは大変でしょう。チヌやメバルを狙うときには出来るだけ軽装備の方がいいでしょう。

●小物収納
タックルボックスはやめて、ウエストポーチか釣り用のベストにするのがのぞましい。
●針
糸付きや10本程度のものはやめて、100本入りを買いましょう。そのためにハリスの結び方を是非マスターして下さい。糸付きをやめた方がいい理由は,根がかりの時に切れるのはおもりのところか,針のところです。従って,針を結べばすぐに釣りが再開できるからです。あとは、値段的に絶対お得です。
●ハリス
10mはやめて50mのものを買いましょう。理由は値段です。
●おもり
ガン玉を極小サイズから一通り揃えるといいでしょう。
●はさみ
これは必需品です。是非揃えて下さい。
●電気浮き
一番小さなものにして下さい。チヌにしてもメバルにしても,最小限のおもりにして食い込みを良くするべきです。
●灯具
むかし頭につけるものを使用しましたが、時間が経つにつれて頭が痛くなるのでやめました。今は胸にさすタイプを使用しています。懐中電灯は作業がしにくいのでやめた方が無難です。

TOP


【はりの結び方】

いつからこの結び方を始めたのか記憶が定かではないのですが、多分漁師結びの変形版だと思います。慣れれば失敗もなく簡単に結べると思います。是非マスターして下さい。

1)まず左手で,針とハリスをしっかりつかみます。その後,右巻きに3回ほどハリスをきつく巻き付けます。緩まないようにA部を右手の親指と人差し指でつかみます。

2)左手を使い図のように輪をつくり針を矢印の方に通し、輪を縮めます。右手の指を絶対に緩めないで下さい。同じ要領でもう一回輪を作り縮めます。最後に左端を口(歯)でくわえ,道糸側を左手できつく引っ張って締め込めば完成です。そのあとに右手の指を緩めます。結び目から2mm程残して不要なハリスを切ります。

TOP


【潮と釣りどき】

●月齢と潮の関係
+---------------+----+
| 月齢          | 潮 |
+---------------+----+
| 1             | 大 |
| 2,3,4,5       | 中 |
| 6,7,8         | 小 |
| 9             | 長 |
| 10            | 若 |
| 11,12         | 中 |
| 13,14,15,16   | 大 |
| 17,18,19,20   | 中 |
| 21,22,23      | 小 |
| 24            | 長 |
| 25            | 若 |
| 26,27         | 中 |
| 28,29         | 大 |
+---------------+----+
長潮・若潮と呼ぶ理由はわかりません(^^;。
●釣りどき

武豊港の潮位

上図は、武豊港における大潮と小潮のおおよその潮位を表しています。大潮と小潮とでは潮位変化が約3倍違いますから潮の流れも3倍違うことになります。地域により潮位は変わりますが、概念的なものは同じです。一般的に魚は潮の流れが速い時間帯の方が食いがいいと言われています。また、潮位は正弦波で変化すると見て間違いはなさそうです。従って、上図のブルー部分の時間帯で釣ると好釣果となります。目安として満潮・干潮の前後それぞれ1〜2時間を避ければいいでしょう。でもあまりこれにこだわる必要はないと思います。気まぐれな魚もいるでしょうから(^^)。

TOP