98年度キャンプ感想


8月8日(土)〜10日(月)にかけて,信州伊那谷キャンパーズヴィレッジにキャンプに行く予定です。今年はホームページを開設したから,行った後の感想だけではなく、準備段階からドキュメンタリータッチで記入していこうと思います。以下を予定していますが変わるかも知れません(^^;。

キャンプ場の選定と予約
行動予定表の立案
献立検討
キャンプ感想


【キャンプ場の選定と予約】

過去2回のキャンプを反省してみると,

●帰省途中で強行キャンプ
 →キャンプ場に着くまでにかなり疲労する
 →帰省の荷物まで前日に準備するので寝不足となる
 →家内の参加がないから全てを自分でしなければならない
 →1泊2日では設営に始まり,すぐに収納で終わる(^^;感じでくつろげない

●雑誌情報だけで予約
 →限られた情報しかなく不安

そこで、今年はどうするかを考えました。

・自宅から往復出来るキャンプ場を選定する
・キャンプに行った後に帰省する
・末っ子も2歳となったので,家内も参加させるべく洗脳
・ホームページで詳細情報を流しているキャンプ場を選定する

ということで「信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ」を選定しました。ここは私のホームページからもリンクしていますので興味のある方はどうぞご覧下さい。補足すると、このキャンプ場はniftyserveでパティオも開設していますので,不安なことも質問できるのでもってこいのキャンプ場です。また、予約状況も教えてくれますので便利です。

さっそく予約状況をにらみながら,2泊3日で予約のメールを入れ、あとはOKの返事を待つのみ。当然OKの返事をもらいました(^^)。さぁ、あとは準備を万全にすることと,当日の晴天を祈るのみ。

TOP


【行動予定表の立案】

時間 行動予定 備考
8月8日(土)
8:00〜12:00 自宅出発〜松川IC 知多半島道路「阿久比IC」
〜東名阪自動車道「勝川IC」
〜中央自動車道「松川IC」
12:00〜13:00 途中に昼食と買い出し 最初は無理しない(^^;
13:00 チェックイン手続き  
13:30〜14:30 設営準備  
14:30〜17:00 周辺探索 子供と遊ぶぞ(^^)
17:00〜19:00 夕食準備と夕食 かみさん,頼むよ
19:00〜20:00 お風呂 小渋湖温泉もいいなぁ
0265-88-2352(要予約)
21:00 子供の就寝 末っ子の夜泣きが心配
22:00 親の就寝  
8月9日(日)
6:00 起床  
6:00〜8:00 朝食準備と朝食  
8:00〜11:00 自由時間 釣りの出来る場所があれば...
11:00〜12:30 昼食準備と昼食  
12:30〜17:00 自由時間 昼寝かも知れない(^^;
17:00〜19:00 夕食準備と夕食  
19:00〜20:00 お風呂  
21:00 子供の就寝  
22:00 親の就寝  
8月10日(月)
6:00 起床  
6:00〜8:00 朝食準備と朝食  
8:00〜11:00 自由時間と収納  
11:00 チェックアウト  
11:00〜14:00 周辺観光  
14:00〜18:00 移動 自宅まで直行(^^;


TOP


【献立検討】

とりあえず、子供の要望を聞いてみました。2日目の焼き魚は私の釣る魚が目当てらしいのですが,果たして釣れる場所が有るのだろうか(^^;。

そうめんに関しては,おと年のキャンプでのそうめんがよっぽど美味しく感じたのだろう(^^)。

朝・昼・夕食 宏彰希望 良輔希望 最終献立
8月8日(土)
夕食 カレー カレー カレー
冷や奴
8月9日(日)
朝食 ベーコン
ハム
オムレツ
ハム
ソーセージ
目玉焼き
ベーコン
ハムエッグ
プレーンオムレツ
昼食 そうめん
バーベキュー
そうめん そうめん
お好み焼き
夕食 焼き魚
ステーキ
お好み焼き
焼き魚
お好み焼き
ステーキ
(焼き魚)
サラダ
8月10日(月)
朝食 ベーコン
ハム
オムレツ
ベーコン
卵焼き
ベーコン
ハム
プレーンオムレツ


TOP


【キャンプ感想】

ICV01 ICV02

●8月8日(土)

もともと予定では朝の8:00に出発予定だったが、前日にキャンプ用品を車に積み込めなかったので10:00に自宅を出発した。帰省ラッシュが心配だったが渋滞もなく14:00頃キャンプ場に到着。

受付をするとオーナーのGUUさんと奥様のちづさんが笑顔で迎えてくれる。ホームページの写真とちょっと違う。お二人ともお若くて生き生きしている。手続きを終えて早速設営に取りかかる。細長いサイトだったので,フラットな場所にまずテントを設営した。が、よく見ると奥に向かってやや傾斜していたようだ。証拠として、テント内に寝た3人が翌朝起きてみると奥側に固まっていた(^^;。次に,タープの設営に取りかかるが、幅が狭いので(5m位か?)ロープ張りがうまく出来ないが,何とかそれなりに設営完了。

自宅で保温調理器によるカレーを作っていったので,夕食はご飯を炊くだけ。ビールのつまみとして冷や奴を予定どおり食べた。虫の襲来を気にしたが、何故かほとんどいない。夜も半ズボンで過ごすことが出来た。夜はさすがに涼しい。

ここで末っ子が「帰ろう」と片言の言葉で叫び、車のドアを開けようとする。カミさんとなだめにかかるが泣き叫ぶ。仕方がないのでカミさんと末っ子は車中泊となった。末っ子にとっては初キャンプだったので,テントに寝るということが理解できなかったようだ。幼稚園に行くようになったらわかるかな?車で泣き叫んでいる子供の声は意外と小さい。遮音効果があるなぁ....車は。

●8月9日(日)

朝から何かあるたびに,末っ子が帰ろうと言う。仕方ないので家族会議(大げさな^^;)。カミさんと次男が帰ろうと言う。長男と私は最後まで居ようと言うが,末っ子がキャンプ嫌いになってもいけないので、昼食後に帰ることに決定。朝食と昼食はぜいたくなおかずになった。

朝食後,長男と次男とともに昆虫採集に出かけた。鬼やんまが飛び交うが,なかなか捕まえることが出来ない。が、ようやく一匹をゲット。次男が友達に見せるんだと笑顔。また、小川で水遊び。冷たくて気持ちがいい。長男が泥を握りしめており、何だ?と聞くと砂金だよって(^^)。確かに金色に光っているが違うだろうな。

それにしても自然いっぱいのキャンプ場だった。最初に行ったキャンプ場と雲泥の差である。設備の整ったキャンプ場(いわゆるキャンプ団地)がいいか、自然がいっぱいのキャンプ場を選択するかは各個人で意見のわかれるところだろう。私は後者が好きだ。ICVにも天然の温泉で広い露天風呂があると最高だけど。年を取ってくると設営するだけで足腰に負担がかかるので,ゆったりと温泉に浸りたい(^^)。

現地出発前にGUUさんとちづさんに出発のご挨拶。ステッカーをいただきありがとうございました。また行きますのでよろしく。

TOP